上級国民に憧れる下級国民の会

情弱な下級国民同士で生存の為の知恵を共有していきます。

下級国民警備員

天下りはあります! 警備業界と天下りおじさん 下級国民警備員録

今回は警備業界における天下りおじさんたちの話でもしていきましょうか。 まず最初に結論から言います。 STAP細胞と天下りはあります! なぜなら警備業界は警察OBにとって有力な天下り先の一つになっているからなんですね。特に内勤の警備員に対して講習を担…

警備員だけど管制はブラックすぎるよね 下級国民警備員録

今回は闇の多い警備業界の中でも、一際際立った闇と名高い管制コロコロ変わりすぎ問題について語っていこうと思います。 管制とはなんぞや?という下級国民警備員歴のない皆さんのために説明すると。警備員というのは派遣業なので、誰がどこの現場に行ってと…

知的障がいの警備員にあった時の話 下級国民警備員録

今回は会長が昔出会った知的障がいを持っている警備員の話でもしていきましょうか。 彼は軽度の知的障がいを持っていて、現場で暴れたり怒鳴ったりしていました。それが原因で、いじめを受けてうちの現場に来たと聞きました。わざとシカトされたり無視された…

警備員やるならプライドは捨てた方が身のためだよ 下級国民警備員録

警備業に限らずですが、底辺業をやる上でもっとも捨てなければならないもの。そうプライドです。というわけで今回はプライドの高い警備員がどうなってしまうのかという話をしていこうと思います。 これは会長がど田舎の僻地で常勤をやっていた時なんですが、…

警備員だけど鳶さん変人が多すぎ 下級国民警備録

kyakyuukokumin.hatenablog.comこれの続きみたいな感じの話です。会長は外壁工事の1人現場に行くことになりました。その時の話です。 そしたらその日の夜6時くらいにに突然Aさんから電話がかかってきました。 Aさんは「会長くん久しぶり。聞いたよ。明日の現…

遅刻した警備員の末路 下級国民警備員録

今回は遅刻した警備員がどうなるのかという話でもしていきましょうか。 警備業界において絶対に許されないもの。それは遅刻、当日欠勤、バックれです。人をぶん殴っても許される警備業界でもこれだけは許されません。派遣業という性質上、どんなにアンポンタ…

えっちなお店に誘われた警備員 下級国民警備員録

では今回は会長のコミュ症談義。昔えっちなお店に遊びに誘われたのを断って後悔しているという時の話でもしていきましょうか。 Fさんと初めて会ったのは新任研修の時でした。会長とFさんはたまたま隣の席で講義や、方交の講習を一緒に受けました。ちょっと昼…

警備員は休憩するな問題に物申す 下級国民警備員録

今回は警備員なら誰しも経験するあの問題。そう「警備員は休憩するなよ問題」について語っていこうと思います。 交通誘導員ヨレヨレ日記しかり、他の警備員小説やサイトでも絶対に一度は触れられる「警備員は休憩するなよ問題」。かくいう会長もこの問題の被…

童貞警備員に逆襲される夫婦警備員たち 下級国民警備員録

今回はちょっと珍しいものを見た時の話。童貞警備員たちの激しい怒りをかった夫婦の警備員の話でもしていきましょうか。 その現場は電気工事の現場なんですが、バケ車での移動が勤務時間の半分くらいを締めるという恐ろしく楽な現場で、いわゆるあたり現場と…

理不尽に出禁にされることもある 下級国民警備員録

これは会長がKさんにいじめられて逃げ出した2週間後くらいの話です。その時期は常勤の隊長から外れた直後でいろんな現場を転々としていました。そこで検定路線の建築現場に送られました。 そこの隊長はHさんという方でした。怒鳴ったりもしないですし、マウ…

大雪の日の警備は大変 下級国民警備員録

今回は大雪の中で、警備の仕事をした話でもしていきましょうか。 あの日は背骨の芯まで、凍ると思えるほど寒い日でした。天気予報では数日前から雪が降ると出ていましたし、会長もそれなりに対策はしていきました。普段使っている軍手ではなく、革手袋を持っ…

まだ生きてます 下級国民通信

すいません。ここ数日ですが、下級国民の会の公式サイトが一切繋がらない状態になっているみたいでした。現在は復旧してつながるようになってます。 会長さんの記事へ行けなくなってしまいました(●´ω`●)会長さん、どうかされましたか?平気ですか(●´ω`●)?…

サイコパス監督のたどる末路 下級国民警備員録

前回の伝説の現場の話は実はあそこで終わりではなくて、その後の後日談をちょっと書いていこうと思います。 kyakyuukokumin.hatenablog.com これの続きみたいな話です。 会長が出禁になったと嘘をついた1ヶ月後に管制さんから電話がかかってきました。管制「…

サイコパスみたいな監督の現場に行った話 下級国民警備員録

今回はそのあまりのヤバさから伝説とされていた現場に送られた話でもしていきましょう。 うちの会社にはそこに行ったことがあるというだけで、ガ島の生き残りやラバウルやビルマの航空隊みたいな扱いを受けるとある伝説の現場がありました。 最初にその話を…

現場をバックれる警備員たち 下級国民警備員録

この業界においてヤブ蚊と同じくらい多いと言われているものは「奇人」「歯がないおじさん」「バックれ」の三つですが、今回はそのバックれの部分について語っていこうと思います。と言っても会長は遅刻もバックれもやったことがないのでバックれで迷惑を被…

建築現場での暴力沙汰なんてよくあること 下級国民警備員録

今回は暴力沙汰なんてよくあることという話をしていこうと思います。 昔、入って3から4ヶ月くらいの時ですね。最初に暴行された時の話です。ヘルプで入った現場に、手が出ちゃうタイプのおじいちゃんがいたのです。そして会長はその人の面倒を押し付けられち…

警備員は社会的立場が低いよね 下級国民警備員録

う 今回は警備員をやっていた時にタンスの角に小指をぶつけるくらいきつかったあの問題。「警備業界社会的立場低すぎ問題」について語っていこうと思います。 まあ警備員をやっていれば色々と嫌な目に遭うこともあります。見下されるし、過激な人たちからは…

楽な現場の常勤になった話 下級国民警備員録

警備の話になると愚痴っぽい話や業界の暴露話みたいなのばかりになってしまいがちなので、今回は当たり現場の常勤になって甘い汁を啜りまくった時の話でもしていこうと思います。 警備の現場って基本的に土木や建築、駐車場など色々ありますが基本的に土木工…

オリンピックで大儲けした警備業界 下級国民警備員録

ちょっと旬が過ぎてるにも程がある話題ですが、オリンピックの頃の話でもしていこうと思います。 あの頃はオリンピックとそれに伴う建築ラッシュで完全に特需状態でどこの警備会社も人手不足、単価や日当は毎年のように上がり、他県の警備会社ですら狂ったよ…

警備員は死亡率高いよ 下級国民警備員録

今回は警備員は死ぬ人が多すぎるという情報を共有していこうと思います。 結構アレな話ですが、やっぱり危険な仕事なので死亡率が高いんですよね。自分の200人くらいしかいない小さい警備会社でも年1から2人くらいは死んでいると聞きます。 死に方も色々です…

日勤夜勤はやめたほうが良さそう 下級国民警備員録

今回は日勤夜勤についての情報を下級国民同士で共有していこうと思います。 警備員は昼も夜も働く人が大勢います。例外はありますが日勤が建築で8時から17時、土木で9時から18時、で夜勤が20時から5時なので、昼働いて夜働いてを繰り返して週5どころか週10連…

警備員の給料は安いね 下級国民警備員録

警備員って異様に苦労人が多いです。借金持ち、精神病、独身童貞、低賃金、とかとかとかまあ色々上げればきりがありません。挫折した人の集まりのような業界ですね。給料も日給制な上に安いので、週5働けばそれでいいという訳では無く多くの方が大体週6です…

警備員の正社員登用とか大体嘘だよ 下級国民警備員録

最近正社員の仕事を色々探していますが、中々良い求人無いですね。介護含めて色々探していますが夜勤があったり契約社員だったりと色々と自分には厳しいです。現状非正規だから契約社員なら別になる必要ないような気がしますし。まあ新卒ですらない高卒おじ…

癖の強い警備員に関する考察 下級国民警備員録

ちょっと前の話ですが、仲が良くてプライベートでも仲良くしていた隊員と久々に会いました。そしたら仲良かった隊員が常勤の現場で問題児からいじめを受けていて、凄く暗い性格になっていました。いじめを受ける前は明るくてよく笑う人でした。 隊長も問題児…

いじめが多い現代社会 下級国民警備員録

母の話によれば、悪友数人と一緒になって、一人の同級生に大怪我をさせたという。これだけでも十分に憎むべき行為だったが、なおぞっとしたことは、彼らはその被害者の少年に半年以上にわたって毎日のように暴力的ないたぶりを加えていたというのだった。「…

警備員だけど隊長なんてやるものじゃないね 下級国民警備員録

今回は昔、警備員の隊長をやってた時の話でもしようと思います。 隊長または職長というのはその現場の警備員のまとめ役兼責任者で他の隊員に指導したり、監督や所長と打ち合わせしたり、書類管理したりとかまあ色々やる役目です。会長も何度か固定で隊長をや…

警備員なら日焼け止めは塗った方がいいよ 下級国民警備員録

今回は警備員なら日焼け止めを塗った方がいいという情報を共有していこうと思います。 もう一言物申させて頂きたいのですが、日焼け止めを塗らないベテランは黒すぎます。松崎しげると肩を並べる色黒が右を見ても左を見てもゴロゴロいます。業界では黒すぎる…

警備員泣かせの自称関係者たち(下級国民警備員録)

今回は警備員における自称関係者という意味不明の人たちがいるという情報を下級国民同士で共有していこうと思います。 自称関係者という意味不明な人たちが本当にいるのか?そう思うかもしれませんが、稀にいるんですよね。遭遇頻度は月1位なので、そこまで…

お客様は神様なのは当然(下級国民警備員録)

今回は警備業界ではお客様は神様ですというのは当たり前という話を共有していこうと思います。 まず下級国民の皆さんにとってはお客様は神様という価値観に対してかなり苛立ちを覚える方もいると思います。しかし現実問題お客様無しではやっていけないです。…

半年間警備員として働いた感想(下級国民警備員録)

先日、警備員の仕事を辞めました。理由は単純で警備業そのものが閑散期に入ってしまい仕事がなくなってしまったことと、長く続ける仕事で無いと思ったからです。給料は長く続けてもほぼ上がらないですしね。警備員録は少し書き溜めが残っているのであとで何…